いまんとこ、あっとーてきにボリスがしっくりくる

Posted

・英国民の6割が感染する完成形に至る事態を避けられない ・ウイルス危機は今夏に完成形になっていったん下火になるが、これまでのインフルエンザや風邪と同様、11月ぐらいから来春まで再び感染発症する人が出てきて、ウイルスは脅威を弱めつつ何年も再発し続ける ・地域や都市を閉鎖して住民を外出させない隔離政策をとると、一時的に感染者の増加が抑えられるが、閉鎖や隔離を解いたら再び感染者が増えてしまう https://www.uk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00017.html なにも対策しない、とか、でわ、なくて、遅延策もまっとーだ。 ・健康な若者と、そうでない人々(高齢者と持病持ち)とを分けて、別々の過ごし方をする ・感染したら重症化しやすい高齢者や持病持ちの人々は、他の人々との接触をできるだけ減らした状態で4か月から半年をすごして感染を防ぎ、その後は集団免疫を持った若者に支えられて生きる 統計的解釈から修正して開示もするhttps://www.technologyreview.jp/nl/the-uk-is-scrambling-to-correct-its-coronavirus-strategy/ なぜにボリスは、こんなクレバー(にみえる)で科学的根拠にもとずく(よーにみえる)具体的で現実的(にみえる)なシナリオを提示できるの?か、 さいこー有利なのわ、見た目。 ある種の(見た目の)バカッぽさが、権威ある医療専門家を従えての発表を納得させ、科学的で正しい政策であるという印象を後押しさせて、むしろ、よけーに信頼を増量しまくってる。 考え方とゆか方針ベースは日本も同じだろー。が、日本の首相はそのバカッぽさは武器で無く、別の信任策が必要で。なんやけど イギリスと日本の放置策に対し、中国の監禁閉鎖隔離策。 中国はそもそもその病原体の胴元として、監禁からはじめるしかなかった、と、して、放置も策ってとこ、が、だいじ。 解決策わ無いんで、それぞれが実験にてトレーニング積むしか無い。一方で データ開示とか透明性とかゆーけど、マスクや手洗いとかのデータ開示とか透明性、その根拠はどーなのよ。放置なら放置で、そっちのデータ開示とか透明性おば求めるべきで(国でなくて放送局に) http://konamih.sakura.ne.jp/blog/2020/03/08/コロナウイルスはなぜ石けんや洗剤で殺されるの なるほどエンベロープ、ノロウイルスとの全き違い、界面活性剤。 こーゆーのは素晴らしい。 こーゆー感ぢで、報道・立法・組織化。それね

新型コロナ (COVID-19)、これ、わ、

Posted

①予防薬(ワクチン?)にしても、②治療薬(抗ウイルス薬?)にしても、使いモノになるのに数年かかる(過去けっきょくSARSもMERSも抗ウイルス薬は開発されていない)。と、して、少なくともそこまでわ他の方策での③防疫(感染拡大防止)しか無い。と、して、どこまで防疫できる?すべき?なのか。なんだけども 出来たとしても出来ないにしても(予防薬も治療薬も防疫も)どのみち何れもその有用性やら副作用やらと向きあわざるを得無く。然るに、まず、防疫の有用性副作用と伝播のスピードはともかく、そもそも、防疫って可能なの? 嘗てのパンデミックからの教訓として、わ、これまで、わ、その、決定的な対策がみつかる前に、なんとなく終息(天然痘だけ例外)してた。って、ことで、その、終息するまでの期間に一定数以上の疾患者や死亡者(人口の数%~数十%とか)がでて、そして、終息。それによって、たとえば、ペストによって公衆衛生が改善された?とか、スペイン風邪によって第一次世界大戦が終わった?とか、だからして、功罪自然に、で、あらば、それはそれで (ワクチン開発者以外のほとんどのだいたいの人は) 受け入れざるを得なく。或いは、全体で強烈に民度をさげるしかなく でもって、どの程度ヒドイものなんか。については、例年のインフルエンザ死亡者数や、たとへば交通事故者数と比べれば、だいぶマシ。だけど、SARSやMERSよりも、既にひどい。ってmのが、まず現状。 それから、これって自然界のウイルスなの?、に、ついて、は、「実験室で作られた(自然界にない塩基配列の部分がある)」とか「人工で製造することは不可能(雲南キクガシラコウモリに存在するRaTG13コロナウイルスとの遺伝子配列一致率が96%に上る)」とか、とか?、どっちかワガランけど、も、この先淘汰されたとして、も、自然発生とか生物兵器開発とか、どっちのリスクも減りそうな気はしない。自然って人工のもんでもあるし と、 なる と、少なくとも解決にわ数年かかる&解決してもそのあと繰り返されそー、っての、なので。このタイミングで・国としては、危機管理安全保障のための立法と組織校合。むしろそれだけを時間かけてもやってもらう。それを途中でやめさせない、終息しちゃったとしても後押しし続ける。先々の為に・市民は、ほぼ全員が感染する。どのみち。ってこと前提に、予防&治療もいーけどもっとなんつか生残りのスキルトレーニングに挑む。防災訓練の如くスマートに このご時世のこの時期、野営人&キャンプ場はだれも自粛してない、賑わってる、むしろ、てとこに、民度をどっちに振るべきかの回答がもーみえてる、ん、でわ。でわ。おもしろがれる能力の開発っつーか、受け入れリョクっつーか、アローン力っつーか、器っつーか

コロナ(太陽の輪、放電によって発せられる光)なぜ、に、

Posted

民間のヤミ検査屋が登場しないんか、PCRだとしても禁止されててもどっちだとしても、禁止されてる?の??だったらよけー 特措法とかよか禁検査法つくっちゃたほが、ほんらい相反し矛盾する民主主義:資本主義おば平和裏にマリアージュでき且つ、科学的エビデンスも政策的エビデンス(EBPM)も、だた、はず、な、のに、全頭 「潜伏期間が長く軽症の人たちが多い(=気づきが薄い)、重症化している人の数は少なく(=拡散が続き)、致死率も低い(=virusが消滅してかない=いついつまでもvirusが放出され続ける)」。      社会モジュレーターがカオス状に拡散し続けキャリアに乗る(こどもは重症化しにくいが、子どもたちはキャリアになる)パンデミックデプス= https://qiita.com/fukuroder/items/e1c2708222bbb51c7634 その挙動はカオスであるため、パラメータの変動による倍音変化は予測し「難い』   だ  か ら、都市閉鎖や渡航の禁止、市場の暴落など、社会が破壊されていく これって、パンデミック。だ、よね、明確に、劃然に、 なのに、なんだ? これ 新型コロナ、パンデミックの恐れ「非常に現実的」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000004-jij_afp-int って? WHO(byピートタウンジェント)    1. ALL THIS MUSIC MUST FADE これ、わ、他人が作った曲を盗んだと責めたてられたアーティストたち全員に捧げる歌だ。本気かって?チャイナスクールですかって? ポイントわたぶん2こ。 => ひとつは安全保障で、もひとつは覇権主義の転換。 そこに朝日も、レイワも、日教組も、SEALDsみたいなのも、ぜんぜん機能してない。云って無いことナイにしてもいつにも増して猶更声がちっさい、能率が激低。なのわなんでだ? (通常の過去の)インフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人。 2019年の全国の交通事故死者数は3215人。2019年の自殺者数は統計を開始した1978年以来、最少の1万9959人。 世界は終わってキャリアが残る。

危うさ?永遠々ゞゝ

Posted

https://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/rondan/CK2020012902000275.html?fbclid=IwAR2fRZ5S_MkUiwR6m9Na0iQXa39Kidz3ZSdxXnjnMVFPbOT44n2mEpC4TG0客商売の言葉つーか、歌詞なんか、は、べつになんだろーと、そもそも歌詞って音楽で無いしmま、いーんゃけども、クイーンの映画だってべつに成立してて且つなんとも、な、わけだし、それをアニメでやってみました、くらいの、もんで、プレスリーやらマイケルやらのデブリ(死人セレブ)公演わ、ラスベガス常設とかぜんぜんあって、へたに日本でまねしたらひでー出来だった、てことくらいで、むしろこれからドカドカでてくるだしょーし、さいしょはヘタでもしょーばいになりそーなもんでしょ、っし、それよか。そもそも学者さんがぜんたいの表現みたいなとこから言葉だけ抜いてーの評論対象にしちゃう(=その能力しか無い)ってなことのほーがまったく危うくて、リベラルアーツ足らん過ぎーの完全あほっぽく、問題はそもそもの品質〔だけ〕であってして、顔とか挙動とか声とかトーンとかが侮辱そのものなのに、仮託も宗派もかんけーある?とかおもってる?とこがバカすぎで、女優の智見足らんすぎなんバレてんのに、共軌関係にある他方オバ見ぬふりして、表現語れんやろーどもさんにCG語られることが最強侮辱。っすね、ね、ゑ

幼児のワクチ

Posted

ン 打たない理由:相応の説明できなきゃなんだけども、それが現状無理 打つ理由:けっきょくのとこリスク&ベネフィットの対比=評価結果が、なんだけども、リスクがベネフィットを上回る確率証明のデータがどこにも無い。 そーoなると、あとわ、コストバランスだけのことになるんだけども、被接種者側からみると、すくなくとも無料の定期ワクチンは検討するまでも無く可で。認可する側からみると、ワクチン負担額と発症に依る健康保険を含めた社会負担額との対比になるんだろーけども、そこは厚労省の説明が正しければ理解の範囲内(一方、ワクチン否定派の記述は信憑性が低く、データに乏しく、且つ古い)。なんで e.g. 発症率が十分に低い種については、上記のコストバランスから順にワクチンの廃止or変更がされてる?(ヨーロッパとか?)。行政にとって健康保険負担率の低い国(アメリカ?とかアフリカ?とか)については更に廃止or変更のバイアスが強い?(理由は上記コストバランスに依る) 予防接種法を踏まえた日本の厚労省の説明: ワクチンのリスク=適切なあるいは不適切な使用方法における様々な副作用 ワクチンの安全性=適切な使用法(健康状態など)の範囲内で受容できない副作用がない(比較的新しいワクチンについては、エビデンスが十分でないものもあるが、幼児向けのものでは無い) エビデンスの担保としての副反応報告制度(報告義務):医療機関→医薬品総合機構→厚生労働省 脳炎や神経障害などを含む疾患(安全性)リスクがベネフィット(有効性)を上回った予防接種は廃止される 一般にBCGなど歴史あるワクチンはエビデンスも揃っているが、(逆の資料数値はわりと揃ってる)(個別の判断を要するステロイド薬みたいな重大リスクを含む報告もデータとして無い)一方で、日本に於いて個々人のリスク&ベネフィット及び、行政判断でのコストバランス共に、説明の道理が備わってる ・破傷風→ 大きい病院でやる!・MR→やる!・ヒブ→確認・肺炎球菌→確認・おたふく→確認・ http://satouclk.jp/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E6%8B%92%E5%90%A6%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89v2.pdf あふ

はじめて会った?の

Posted

わ、たしか?なんでだか上領くんが、ぼくんちに連れて来て、んーと、そのままうちで呑んだんだろか、nん~ttと、どちゃにせよ、それわ初台のはなしで、もち、その時点でベラちゃんのことわ何かとしってたんで、なーとか、おもっちょたら、どーも、その前から、なんどもあってるみたいなこと、ベラちゃんがいいだして、いゃ、もち、ソフトバレェとかでいっしょに、つか、共演?とかしてたことは知ってたけど、も、そんな、遥か昭和のずっとから、いっしょんとこにいたとか、って、ことわ、 と。もかく、ぼくがバンドみたいなことの前から接点はありまくってたみたいな、ものの、でも、実質わ、21世紀からはじまる。はじまる。 それから、本気出してごいっしょさせて頂くxyょーなったんは、やぱし、上領くんがプノンペンモデルにベラちゃんよんでくれたから?で、それが(ゃ、もっと前のがあるかも)?、戸川純ちゃんゲストでロフト?ので、そこから、ベラちゃんも純ちゃんのバンドになって、むしろ、ぼくを純ちゃんとこによんでくれるょーになったりして、もちろんんプノンペンもマストで演ってもらって、つか、そんなのかんけー無しにもいろいろいったね、いろいろいっしょにいったし、たくさん 棚田的ななんつーか特別さあって、ーnん、尊敬してた。ベラちゃん。 あのやろー= いっしょに演ったのはたくさん、お手伝いれこーでぃんぐも、国内ツアーも、冨田先生のも見に来てくれたし、そいえば、未来館のにも来てくれたし、xyー、さるふぇすもそのあとスゲかったし、そのあとあれ、いまのぼくの自宅にも遠路あそびにきてくれて、、 けきょく。さいごにやったのわ。アンプラグドペンモデルだた。 ‘https://twitter.com/beratrek/status/1076822540947881986 それから、ちょーどの二ヶ月後、ワーナーでの仕込み中に、慎ちゃんが「戸川さんのリハがあるんで、いってきまーす」と、おでかけして、その数時間後、慎ちゃんから「ベラさんが死にました。さっきまでいっしょにいたんですが」 弔辞はデュッセルドルフ行きのひこーきんなかで書いてでんぽっぽで送った 『余人をもって代えること不可能なギタリスト、の御訃報に接し、惜別の念を禁じ・・・』 から、1年。ちょーど https://eplus.jp/sf/detail/3215060001 そーか、ぼくよか壱歳も若かったんか、だから兄貴ってよんでくれてたんか、 、